ログハウスならホンカ・ジャパン~フィンランド・北欧のログハウス

資料請求
menu
  • ホンカについて
  • こだわり
  • 製品ラインナップ
  • オーナーズ Voice
  • ホンカネットワーク

安心で快適な木の家

日本に適した抜群の耐震性

日本に適した抜群の耐震性

軽くて強い、地震に強い構造がホンカのログホームです。木材は、同じ重量なら鉄やコンクリートよりも高い強度を持っています。特にログ材をしっかり組み合わせて作るログホームは、それぞれのログが揺れを吸収するので地震に強い構造になります。2007年度に行われた実験で、阪神大震災の1.5倍の揺れに対しても堅固であることが実証され、耐震等級3の設計も可能になりました。
*日本ログハウス協会が実代品同実験のために制作したログハウスでの実験です。

木材は、引張強度では鉄に、圧縮強度ではコンクリートに勝ります。引張、圧縮の両方で見ると、鉄筋コンクリートより高い強度を保ち続けます。

鉄、困苦リード、針葉樹の強度比較

高い耐燃性

高い耐燃性

木は燃えると、表面にできる炭化層が燃焼に必要な酸素を遮断し、中心に火が通るまで時間がかかります。また万が一の火災でも、天然材なので有毒ガスが発生せず、鉄やアルミのように熱で軟化もしません。国土交通省の「防火構造認定」を得ているので、建築基準法22条地域や準防火地域にも建築可能です。

熱を加えると金属は短時間で強度を失いますが、木材は15分後でも、かなりの強度を保ちつづけます。

アルミニウム、軟鉄、木材の強度低下割合比較

安心で快適な木の家

天然のエアコン住宅

天然のエアコン住宅

空気の細胞から生まれる抜群の断熱性能がホンカ・ログホームにはあります。天然材には、セルロースと呼ばれる空気をたくさん含む細胞が詰まっています。木の優れた断熱性は、この「空気の細胞」のおかげです。ホンカのオーナー調査でも、ほとんどの方から「ログホームは冬暖かく、夏涼しい」との回答をいただいています。

省エネにもなる蓄熱性能

断熱性能に加えて、優れた蓄熱性能を持つのが木の特徴です。壁の木材が昼間太陽エネルギーを蓄積し、夜間になると徐々に温熱を放出するので、暖房費の節約になります。一方夏はひさしとベランダがログ壁を熱から保護し、室内温度を快適なレベルに保ちます。木の特性を知り尽くした設計技術もホンカの快適性、エネルギー効率の高さに貢献しているのです。

木、玉砂利コンクリート、銅材の熱伝導率比較

例えば、木の柄のついたフライパンを熱しても、柄まで熱くならないのは、 木という素材の熱伝導率がきわめて小さいからです。