ログハウスならホンカ・ジャパン~フィンランド・北欧のログハウス

資料請求
menu
  • ホンカについて
  • こだわり
  • 製品ラインナップ
  • オーナーズ Voice
  • ホンカネットワーク

環境への取組み

環境に優しい低エネルギー建材

自然の恵みを、無駄なく人の暮らしに役立て、自然に還し、そのサイクルを永く続けられるよう努力するという環境に対するフィンランドの伝統は、ホンカの事業にも受け継がれています。森林を維持し、必要な木材を伐採し、ログ材にして運送するまでに必要なエネルギーは、同じ質量の鉄のわずか1/320。それもほとんどが木材の乾燥に使われるエネルギーです。森林がCO2を吸収し、ログ材になってもCO2を貯蔵し、役目を終わり解体されても木材であるログは土に還り、次世代の森になるというサスティナビリティの高い建材です。

環境への取組み

森を育てるプラス・フォレスト政策

森を育てるプラス・フォレスト政策

フィンランドには「プラス・フォレスト」という政策があります。これは、1本の木が切り出されたら複数の木を植えるという法令です。このためフィンランドの針葉樹の成長量は伐採量を上回り、森林資源は年々増加しています。ホンカもこの政策に賛同し、積極的に取り組んでいます。

無駄なく使われる木材

無駄なく使われる木材

ホンカでは、ログ材に加工するときに出る端材は木箱などの木工品にし、チップや木くずも紙の原料、製品を梱包するクッションなどに利用します。またこうした端材、チップ、木くずは、カルストゥラ工場に隣接する自社発電所の燃料にもなります。この電気はログ材の乾燥機に使われるだけでなく、地域の学校や病院などにも暖房用として供給されています。

ホンカの工場に隣接するパワープラント ホンカの工場に隣接するパワープラント