ログハウスならホンカ・ジャパン~フィンランド・北欧のログハウス

資料請求
menu
  • ホンカについて
  • こだわり
  • 製品ラインナップ
  • オーナーズ Voice
  • ホンカネットワーク

F様 静岡県内

地形や陽当たりを考慮して設計された地階のある平屋。

富士山と駿河湾の間に位置し、ゆたかな緑に囲まれた傾斜地に佇むF様邸は、広大な土地の中に重厚感溢れる外観がひときわ存在感を放っています。お勤め先である医療施設もご両親のセカンドハウスもホンカというF様が、ログに慣れ親しんだ中で自宅として選ばれたのは、やはりホンカ・ログホームでした。
そんなこだわりのお住まいを取材させていただきました。

F様01

職場もご両親のセカンドハウスもホンカ。
良さを実感してきたからこそ、マイホームに選んだのもホンカ。

きっかけは、F様のお父様が「いつかログハウスに住みたい」という夢があり、職場の病院をログで建ててみたらどうか」という発想からログを調べ始め、ホンカ・リゾート富士五湖(ふじ企画㈱)のブログを見てホンカを気に入ってくださったのだそう。
(実際の医療施設はこちら 前田脳神経外科
「実際にログに囲まれた環境で医者として働いていて、亨受性も雰囲気もよく快適に過ごしていますし、何よりも患者さんからの評判がとてもよくて満足しています」

ご職業柄これまで異動が多く仮住まいをされていたので、腰を落ち着けて根を張って生活するために憧れであった平屋の一軒家を好きなように建てられたらいいなという想いと、住まいとして自分達を守ってくれるのかという点を一番大事に考える上で、ホンカのログはデザイン性に加えて構造や部材の強度などの面でも優れていると実感していたからこそ、マイホームはホンカ以外考えていなかったそうです。

F様02 F様03 F様04

私たちの好みをよく理解してくれているから、安心してお任せできた。
すべての要望に沿った住まいが実現。

「今回このお家の建設に関わっていただいたチームが、病院も両親のお家も担当してくれた方々だったので、安心してお任せすることができました。私たち夫婦の好みをよく理解してくださっていたので、提案していただくものがどれも好みに合った素敵なものばかりで「いいね。いいね。」と決めていきました。だから毎回の打ち合わせがとても楽しくて、次はどんな提案を用意してきてくれるのか、とても楽しみでもありました。

“お部屋を細かく仕切らずに間取りはなるべくシンプルに”というのは、設計士さんも私たち家族もお互いに考えていたことでした」

F様05 F様06

細部まで詰まったこだわりは、フリープランならではの魅力。
生活動線に優れた理想的な住空間。

「おしゃれな北欧スタイルが好きで憧れているので、シンプルに物を整理して暮らしたいという希望を伝えて、収納をたくさん作っていただきました」という奥様。
洗濯機と物干しスタンドが用意されたコンパクトな洗濯室はすべてを解決できる空間になっていて、来客時には扉を閉めてしまえば生活感を隠せる上に、通気性と見た目にも考慮してルーバーを選んだという奥様のこだわりの扉は、キッチンや洗面室などの扉にも統一されている。

キッチンとパントリーと食器棚もオリジナルで作ってもらった奥様のこだわり。
「生活感を隠したくて、ゴミ箱や換気扇もパントリーに配置してもらい扉で仕切ることができるので使いやすく、キッチンも広々していて理にかなっています。

「空いたスペースに一人掛けのアンティークの椅子とカフェテーブルを置けるスペースを今後作りたいなと考えているところです」
と案内していただいた収納は、どれも細部にまでこだわりの詰まった家事動線に優れた理想的な空間だと感じました。

地階に設けられたビルドインガレージの奥には、ご主人のホビースペースが用意されていて、玄関まで行かずともそのまま1階へアクセスできる専用の通用口を開けると、そこには地階スペースを有効活用した大きなウォークインクローゼットがあり、靴や洋服などの生活用品をまとめて収納できるようになっています。

広い畳のお部屋は客間でもあり、ご両親が遊びに来た時の専用のお部屋として、また気を使わずに使ってもらえるように、とゲスト専用のお風呂・洗面室・トイレを畳のお部屋のすぐ側に用意されています。F様のお人柄とご家族の仲睦まじい様子が形として表れている空間だと感じました。

F様07 F様08 F様09 F様10

まるで北欧の森の中にいるようなキッズルーム。
お子様を健康的に育てる心地よい空間。

木目の自然な風合いが楽しめて、森林浴のような心地よい空間が広がるキッズルームには、ロフトと可動式の壁掛けタイプの階段が備え付けられていて、お子様の成長にあわせて遊びスペースから趣味の道具をたっぷりしまえる収納スペースとしてなど、使い方を選べる作りになっています。

「どのお部屋もひとつひとつ広く取ってもらったので、息子のお友達が4~5人一緒にお泊りに来た時には床にお布団を敷いて、楽しそうにみんなで並んで寝ていたんです。とても使い勝手がよくて、私たちもですが息子がなにより一番喜んでいます」

F様11 F様12

陽の光を余すことなく取り込むための大きな窓が
快適な暮らしと眺望の両方を叶えてくれた。

「この地形や陽当たりを考慮して、天井を高くして自然光がたくさん室内に入り、眺望もよくなるようにと考えて設計してくださったおかげで、天気の良い日は山々と駿河湾がとても綺麗に見えるのでとても気に入っています。だから天気の良い日には家族そろってこの眺望を眺めながらテラスで朝食を食べることもありますよ」

と見せていただいたテラスからは、綺麗にお手入れされた広大なお庭全体を見渡すことができる特等席でもありました。

冬を越した際には、寒暖差がある地域なのにもかかわらず結露が一切なく、リビングのお部屋では一度もエアコンを使わなかったそう。陽当たりが大きな窓から入ってくる陽当たりでぽかぽか暖かく過ごし、夕方以降に一度床暖房をつけると、蓄熱されて温かさが長く続き快適に過ごすことができたので、ログは優秀だと改めて実感されたそうです。

インタビューさせていただいた後にお二人目のお子様が誕生されたF様ご家族。
お子様の成長とともにログ色味も変化し、今後更にオリジナルな住まいとなっていくことがとても楽しみです。F様、お忙しい中ありがとうございました。

F様13 F様14